大きいサイズメンズパーカーについて

パーカーの裏地にも種類がある!

パーカーを羽織ったときに、直接身体に触れる部分を、「裏地」と言います。
Tシャツなどの薄いトップスは裏地が付いていないことがほとんどですが、パーカーやジャケット、コートなどの生地の厚さが厚いアウターは、
裏地が付いていることがほとんどです。
裏地は、肌に直接触れることもあるので、裏地の種類によって着心地が変わってきます。
そこで、裏地にはどんな種類があるかを紹介します!
 
吸汗性バツグン!裏毛(裏パイル)
裏毛とは、「パイル織り」という、糸をループ状にいくつも並べた織り方で織ってある裏地のことを言います。
「パイル織り」で織ってあるため、「裏パイル」とも呼びます。
ループ状の糸が空気を含んでくれるため、体温を保温できて暖かいことが特徴的です。
また、ループ状の糸が水分を吸収してくれるため、汗をかくシーンで着る衣服によく採用されます。
タオルもこの編み方で編んでありますよ。
糸は、綿100%か、綿とポリエステルの混紡繊維が使われることがほとんどです。
そんな裏毛も、細かく種類が分かれています。
 
<ループの大きさが小さいミニ裏毛>
ミニ裏毛は、ループの大きさが小さい裏毛です。
ループの大きさが小さくなると、裏毛の厚みが薄くなるため、もちろん衣服全体の生地の厚さも薄くなります。
そのため、夏場に着られるパーカーに採用されることが多いです。
 
<ガーゼ裏毛>
ガーゼ裏毛は、細い糸で織ってある裏毛です。
細い糸で織ってあり、1つ1つのループ糸が寝るため、凸凹感がほとんどなく、ガーゼのような柔らかい肌触りになります。
こちらの織り方を使ったパーカーも薄地になるため、夏場で着られるパーカーによく採用されます。
 
<トビ裏毛>
トビ裏毛とは、ループ状の糸を飛ばし飛ばし織った裏毛です。
生地の厚みが薄くなり過ぎないように、太めの糸を使って織っていきます。
ふっくらとした触り心地と、通気性が良いことが特徴的です。
 
とっても暖か!裏起毛
裏起毛とは、裏毛の糸を毛羽立たせた裏地のことを言います。
まずは裏毛と同じように織り、そのループ状の糸を特殊なブラシでブラッシングして毛羽立たせるのです。
糸の繊維がほぐれてふわふわになるため、裏毛よりもさらに多く空気を含むようになります。
そのため、裏起毛のパーカーは、裏毛を採用したパーカーよりももっと暖かいです。
ただし、静電気が起きやすかったり、糸がほぐれるために吸水性が悪かったりしますので、激しく動いて汗をかくシーンでは、
裏起毛を使ったパーカーは避けた方が良いでしょう。